大阪フィルハーモニー交響楽団 - Osaka Philharmonic Orchestra
Contents - メニュー一覧

Schedule - スケジュール

トップページ

プロフィール

大阪フィルニュース

公演スケジュール

定期演奏会

ベートーヴェンチクルス

会員制度

チケットのご購入

各種サービス・割引チケット

グッズ

楽団員募集

大阪フィルハーモニー会館

合唱団

ベートーヴェン交響曲全曲演奏会Vol.3

2018年7月20日(金)
19:00開演(18:00開場)

ベートーヴェン交響曲全曲演奏会Vol.3
[拡大]

フェスティバルホール

<出演>
指揮:尾高忠明

<曲目>
ベートーヴェン/交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」
ベートーヴェン/交響曲 第5番 ハ短調 作品67「運命」

≪ 同じ日に初演された「運命」と「田園」≫
楽都ウィーンを取り囲む城壁周辺での散策、それに郊外の森での憩いのひと時を愛でたベートーヴェンにとって、Pastoraleパストラーレは身近な概念だった。

 しかし、この鬼才は類型的な描写音楽を書かなかった。

昨年ともに70歳を祝った尾高忠明と大阪フィルによるベートーヴェン交響曲全曲演奏会。真夏は、モティーフ(動機)の展開を極めた「田園」と通称「運命」の夕べ。逃げも隠れも出来ない選曲だ。
 古典派交響曲と標題音楽の美質を兼ね備えた第6番。ハ短調からハ長調への緊密なドラマも胸をうつ第5番。この2曲は1808年暮れに同じコンサートで公開初演されている。
何もかも対照的に映る2曲のシンフォニー。けれども、八分休符を伴う主題の提示、トロンボーン、ピッコロの限定的かつ効果的な使用、後半楽章の連結など、実は「共通点」も多い。劇的なパッセージはもちろんのこと、第2楽章アンダンテの歌謡旋律(田園は変ロ長調、運命は変イ長調)も私たちを魅了してやまない。
音楽監督尾高忠明に導かれ、大阪フィルが究極のシンフォニー二題を奏でる。期待は限りない。



<料金>(全席指定・税込)
A席:6,000円(5,400円)
B席:4,500円(4,000円)
C席:完売
BOX席:完売

※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。
※5回セット券の販売は大阪フィル・チケットセンターのみの取扱いとなります。
※(  )内の料金は大阪フィル・会員価格です。

<チケット販売所>
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
フェスティバルホール チケットセンター 06-6231-2221
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:102-199】
ローソンチケット 0570-000-407【Lコード:52798】 
e+(イープラス) http://eplus.jp/

<お問合せ>
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
(営業時間:平日10:00~18:00/土曜10:00~13:00/日・祝・年末年始は休業)

<発売日>
5回セット券 会員優先:2018年2月6日(火)
5回セット券 一般:2018年2月13日(火)
Vol.3 1回券 会員優先:2018年3月27日(火)
Vol.3 1回券 一般:2018年4月3日(火)

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
   独立行政法人日本芸術文化振興会


   大阪市助成事業

チケット受付終了









2018年7月 >>一覧表示
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

2018年8月 >>一覧表示
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

2018年9月 >>一覧表示
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -