大阪フィルハーモニー交響楽団 - Osaka Philharmonic Orchestra
Contents - メニュー一覧

Schedule - スケジュール

トップページ

プロフィール

大阪フィルニュース

公演スケジュール

定期演奏会

ベートーヴェンチクルス

会員制度

チケットのご購入

各種サービス・割引チケット

グッズ

楽団員募集

大阪フィルハーモニー会館

合唱団

ベートーヴェン交響曲全曲演奏会Vol.1

2018年5月17日(木)
19:00開演(18:00開場)

ベートーヴェン交響曲全曲演奏会Vol.1
[拡大]

フェスティバルホール

<出演>
指揮:尾高忠明

<曲目>
バレエ音楽「プロメテウスの創造物」序曲
交響曲 第1番 ハ長調 作品21
劇音楽「エグモント」序曲
交響曲 第2番 ニ長調 作品36

<料金>(全席指定・税込)
A席:6,000円(5,400円)
B席:4,500円(4,000円)
C席:3,000円(2,700円)
BOX席:7,000円(6,300円)
※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。
※5回セット券の販売は大阪フィル・チケットセンターのみの取扱いとなります。
※(  )内の料金は大阪フィル・会員価格です。

<チケット販売所>
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
フェスティバルホール チケットセンター 06-6231-2221
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:102-195】
ローソンチケット 0570-000-407【Lコード:52643】 
e+(イープラス) http://eplus.jp/

<お問合せ>
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
(営業時間:平日10:00~18:00/土曜10:00~13:00/日・祝・年末年始は休業)

<発売日>
5回セット券 会員優先:2018年2月6日(火)
5回セット券 一般:2018年2月13日(火)
Vol.1 1回券 会員優先:2018年2月27日(火)
Vol.1 1回券 一般:2018年3月6日(火)

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
   独立行政法人日本芸術文化振興会

チケット受付終了





「時代も次代も切り拓いたベートーヴェン 交響曲全曲演奏始まる」

4月7、8日、尾高忠明と大阪フィルハーモニー交響楽団は、両者にとって「ゆかり」のブルックナーの長編交響曲第8番を奏で、船出した。初共演から46年。新たなシーズン開幕を寿ぐ、気宇壮大な音がフェスティバルホールを満たした。さあこれからだ。
 昨年ともに70歳を祝った尾高と大阪フィルは、奇をてらわない。王道を行く。
時代も次代も切り拓いたベートーヴェンの交響曲全曲演奏が始まる。これぞ音楽監督の仕事だ。
1800年4月、29歳のベートーヴェンは、9年前に召されたモーツァルトの交響曲、巨匠ハイドンのオラトリオ「天地創造」のアリア、自作のピアノ協奏曲を披露した後、当時としては大編成の新曲を発表する。ハ長調という明快な調性を掲げながら、すぐにドミソを響かせない意欲作。それが交響曲第1番だ。凝ったハ長調。古典の型を超えんとする劇的情趣。その美学は、敏腕の舞踏家から委嘱されたバレエ「プロメテウスの創造物」序曲にも生かされている。尾高=大フィルの新時代を映し出す、鮮烈な開始部をお聴き逃しなく。
熱きドラマ満載の「エグモント」序曲に野暮な解説は不要だろう。尾高と大阪フィルは、ラルゲット楽章とスケルツォ楽章の対比も鍵を握る交響曲第2番を陽春のメインとした。第1楽章の主部は、交響曲第1番と同じく、好みのアレグロ・コン・ブリオ(活き活きと速く)だ。そして小気味よく、しかも緻密な第4楽章に驚く。体感したいものである。(文.奥田佳道)





2018年5月 >>一覧表示
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

2018年6月 >>一覧表示
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年7月 >>一覧表示
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -