大阪フィルハーモニー交響楽団 - Osaka Philharmonic Orchestra
Contents - メニュー一覧

Profile - プロフィール

トップページ

プロフィール

大阪フィルニュース

公演スケジュール

定期演奏会

会員制度

チケットのご購入

各種サービス・割引チケット

グッズ

楽団員募集

大阪フィルハーモニー会館

合唱団


首席コンサートマスター
田野倉 雅秋(たのくら まさあき)

田野倉 雅秋東京に生まれ、4歳よりヴァイオリンを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学に進学。その後スカラシップを得てニューヨークのジュリアード音楽院へ留学し、学士号を取得する。また、平成12年度文化庁派遣芸術家在外研修員として、700日間の研修を行った。これまでにアスペン音楽祭、モスクワ・コンセルバトリア・マス ターコース・イン・ジャパン、京都フランス音楽アカデミーに参加している他、故小国英樹、原田幸一郎、清水高師、川崎雅夫、故ドロシー・ディレイ、チョーリャン・リンの各氏に師事している。

数多くの著名コンクールで優勝、上位入賞を果たしており、1991年、第45回全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部で第一位を獲得。続いて1995年に日本音楽コンクール第2位受賞。1996年にはロン・ティボー国際ヴァイオリンコンクールにてセミ・ファイナリストになる。1998年、米国コロラド州のアスペン音楽祭において開催されたコンチェルトコンクールに優勝し、ラン・シュイ指揮の下、アスペン・コンサートオーケストラとバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番を演奏する。同年、第4回フォーバルスカラシップ・ストラディヴァリウスコンクールで第2位受賞。2000年には若手演奏家の登竜門として名のある第6回カール・ニールセン国際ヴァイオリンコンクール(デンマーク)で優勝、受賞リサイタルを開催し、好評を博した。

学生時代より国内外で積極的に演奏活動を行っており、フランス、アメリカ、日本にてリサイタルを開催している。オーケストラとの共演では、第4回ABCフレッシュコンサートで外山雄三指揮大阪フィルハーモニー交響楽団とヴュータンのヴァイオリン協奏曲第5番を大阪のザ・シンフォニーホールにおいて演奏し、テレビ放映されている他、日本フィルハーモニー交響楽団(指揮:渡邊一正)、広島交響楽団(指揮:秋山和慶)、N響団友オーケストラ(指揮:大友直人)等がある。また、2001年11月にヤン・ワーグナー指揮オーデンセ交響楽団とコルンゴールドのヴァイオリン協奏曲のデンマーク初演を飾り、各方面に好評を博している。また2004年8月にはチェコ共和国のプラハ市で開催された国際音楽祭ヤング・プラハにソリストとして招かれ、チェコ国民劇場管弦楽団との共演でブラームスのヴァイオリン協奏曲をドヴォルザークホールにて演奏した。

現在、ソロ活動の他、アンサンブルにおいても国内外の多くの優秀な演奏家と魅力的なコンサートを行っており、別府アルゲリッチ音楽祭では室内楽マラソン・コンサートに出演しているほか、アペルト弦楽四重奏団、室内オーケストラ「アルクス」のメンバーとして日本各地において精力的に活動している。

2004年には広島交響楽団のコンサートマスターに就任し2014年3月まで10年間にわたり務める。2012年4月より名古屋フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター、9月より大阪フィルハーモニー交響楽団特別客演コンサートマスターを兼任。 2014年4月より大阪フィルハーモニー交響楽団首席コンサートマスターに就任した。 これまでに 東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団等国内の主要なオーケストラの客演コンサートマスターとしても出演している。

今後益々の幅広い活躍が期待されている。

Principal Concertmaster :
TANOKURA Masaaki

Masaaki Tanokura was born in Tokyo and began to study the violin at the age of four. After graduating from the Music Senior High School affiliated with the Tokyo National University of Fine Arts and Music, he entered the Tokyo National University of Fine Arts and Music. Then, in order to pursue his violin study further, he attended the Julliard School in New York City and graduated with the Bachelor’s degree in Violin Performance. At the same time, he was appointed as a fellowship artist by the Japanese Government Overseas Study Program for Artists and had 700 days of overseas study. He has participated in Aspen Music Festival, Moscow Conservatoire Master Course in Japan, and France Music Academy in Kyoto. He has studied with the late Hideki Oguni, Koichiro Harada, Takashi Shimizu, Masao Kawasaki, the late Dorothy DeLay, and Cho-Liang Lin.

Masaaki Tanokura has won prizes at a number of prestigious competitions. In 1991, he won the first prize at the 45th Japan Student Music Competition. In 1995, he took the second place at the 64th Japan Music Competition. In the following year, he was the semi-finalist at the Long-Thibaud International Violin Competition in Paris. In 1998, he won the Nakamichi Violin Competition at the Aspen Music Festival and performed Bartok’s second violin concerto with the Aspen Concert Orchestra under the baton of Lan Shui. In the same year, he won the second prize at the 4th Forval Scholarship Stradivarius Competition. In 2000, he won the first prize at the 6th Carl Nielsen International Violin Competition and performed at the commemoration recital to high acclaim.

Masaaki Tanokura maintains a busy schedule both domestically and internationally, and has performed at recitals in France, Denmark, the United States, and Japan. He has also appeared with such orchestras as the Japan Philharmonic Orchestra / Kazumasa Watanabe and the NHK Symphony DanYu Orchestra / Naoto Otomo, as well as performing Vieuxtemps’ fifth violin concerto at The Symphony Hall in Osaka with the Osaka Philharmonic Orchestra conducted by Yuzo Toyama, which was broadcasted on TV. In November 2001, he performed with the Odense Symphony Orchestra under Jan Wagner, premiering Korngold’s violin concerto in Denmark to critical acclaim.

In addition to being a recitalist and soloist, Masaaki Tanokura is active as a chamber musician who performs with outstanding musicians from both inside and outside Japan, presenting his own project called “An exciting concert series by Masaaki Tanokura.” He is also a member of Aperto String Quartet and Arcus chamber orchestra.

He was the concert master of Hiroshima Symphony Orchestra from 2004 to March 2014. In 2012, he also became the concert master of Nagoya Philharmonic Orchestra, and in 2014, he was appointed as the principal concert master of the Osaka Philharmonic Orchestra.


首席客演コンサートマスター
崔 文洙(チェ・ムンス)

崔 文洙3歳よりピアノ、6歳よりヴァイオリンを始め、篠崎功子、久保田良作、江藤俊哉の各氏に師事。桐朋学園子供のための音楽教室を経て、1983年桐朋学園大学ディプロマコース入学。在学中の翌年より1988年までの4年間、安田謙一郎弦楽四重奏団のメンバーとして活躍する。

1988年、ソビエト政府奨学金を受けチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に留学。ダヴィド・オイストラフ門下で第一回チャイコフスキーコンクール優勝・ワレリー・クリモフ、ソビエト国立交響楽団第一コンサートマスターであるセルゲイ・ギルシェンコ両氏に師事し、P・ストリァルスキーからD・オイストラフと続くロシアの伝統的メソードを研究する。在学中よりショスタコーヴィチ弦楽四重奏団との共演やソビエト国立交響楽団に度々招かれ研鑽を積み、1994年同音学院を首席で卒業。数年に一度しか与えられない「ソリスト」の称号を外国人として初めて授与される。同時にヴァイオリン教授、室内楽アーティストの称号を取得。

モスクワ音楽院ホール、ラフマニノフホール、レニングラード及びゴーリキーにてリサイタルを開催し高評を博す。1994年より、更に同音楽院の大学院にて研鑽を積み、教授のアシスタントを務める。同教授よりソビエト国立交響楽団のコンサートマスターに推薦されるが、9年間のモスクワ留学を終え1997年に日本に帰国。同年、小澤征爾氏に認められ新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターに就任。2000年、ソロ・コンサートマスターに就任。指揮者からの信頼は厚く、 国内の他オーケストラからゲストとしての招聘や兼任の要請、またサイトウ・キネン・フェスティバルにおいても度々コンサートマスターを務める。新日本フィルハーモニー交響楽団においては楽団の更なる発展に向けて積極的に一役を担う一方で、ソリストとしても数々のコンチェルトを共演。
世界的ヴィオラ奏者ユーリ・バシュメット氏とのブルッフ:「ドッペルコンチェルト」
小澤征爾指揮 ベートーヴェン:「ヴァイオリンコンチェルト」(2003年)
クリスティアン・アルミンク指揮 ブラームス:「ヴァイオリンコンチェルト」(2005年)

世界的ヴァイオリン奏者イヴリー・ギトリス氏とバッハ:「二台ヴァイオリンの為のコンチェルト」(2007年)、NJP定期にてショスタコーヴィチ「ヴァイオリンコンチェルト第2番」等、長年ロシアに伝わるヴァイオリン・メソードの日本における唯一の伝承者としてまた、自発的な音楽表現から生み出される気品に満ちた芸術性は高く評価されている。世界的チェリスト・指揮者である芸術家 故ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ氏との度重なる共演では「素晴らしいヴァイオリニストにして芸術家である」と称賛される。

使用楽器:1661年製作ニコラ・アマティ「グランド・アマティ」

Principal Guest Concertmaster :
CHOI Munsu

Born in Tokyo, Choi started piano at age of 3, violin at age of 6, and he was trained by Isako Shinozaki, Ryosaku Kubota, and Toshiya Eto. After the music school for children at Toho Gakuen school of music, he entered the diploma course at Toho Gakuen school of music in 1983. From the following year until 1988, he was a member of Yasuda String Quartet. In 1988 he entered Moscow P.I. Tchaikovsky Conservatory with a scholarship from Soviet Government.

Choi studied under Valéry Climov, a student of David Oistrakh, and also the winner of the first Tchaikovsky Competition. He also studied under Sergei Girshenko, the first concertmaster in Svetlanov State Academic Orchestra. Therefore he studied the Russian traditional method which was passed down from P. Stolyarsky to D. Oistrakh. During at school, he played with Shostakovich Quartet and Svetlanov State Academic Orchestra a number of times, and graduated the Conservatory at the head of the class. He was the first foreigner to receive the title “Soloist”, which was only given once in few years. At the same time he received the titles of "violin professor", and "Chamber music artist". Recitals at Moscow Tchaikovsky Conservatory, Rachmaninov Hall, and at Leningrad and Gorky were very successful. From 1994 Choi became the assistant of the professor in the postgraduate school at the Conservatory. He was recommended as a concertmaster at Svetlanov State Academic Orchestra by the professor, but in 1997 he returned to Japan after 9 years of study in Moscow. In the same year he was invited as a concertmaster at New Japan Philharmonic Orchestra by Seiji Ozawa, and became a solo concertmaster in 2000.

He is trusted by conductors, and was invited by various orchestras in and outside of Japan. He also played as a concertmaster at Saito Kinen Festival several times. He contributes towards the development of New Japan Philharmonic, and at the same time he performs various concertos as a soloist. The examples include; Bruch violin & viola concerto with the world famous violist, Yurii Bashmet, Beethoven violin concerto with Seiji Ozawa conducting (2003), Brahms violin concerto with Christian Arming conducting (2005).

He is the only successor of the traditional Russian violin method in Japan, and his graceful artistry, which comes out from his music expression, is highly evaluated. Examples are Bach concerto for two violins with the world famous violinist, Ivry Gitlis (2007), and Shostakovich violin concerto no.2 in the subscription concert of New Japan Philharmonic. After a number of collaborations with world famous cellist, Mstislav Rostropovich, Choi was praised as "a great violinist and an artist".

Instrument: Nicolo Amati, made in 1661, "Grand Amati"


大阪フィルハーモニー
交響楽団

メンバーリスト

  • ミュージック・アドヴァイザー
    尾高 忠明
  • 指揮者
    角田 鋼亮
  • 桂冠指揮者
    大植 英次
  • 創立名誉指揮者
    朝比奈 隆
  • 首席コンサートマスター
    田野倉 雅秋
  • 首席客演コンサートマスター
    崔 文洙
  • 第一ヴァイオリン
    石塚 海斗
    黒瀬 奈々子
    三瀬 麻起子
    鈴木 玲子
    林 佳南子
    藤木 愛
    山本 彰
    力武 千幸
  • 第ニヴァイオリン
    浅井 ゆきこ
    市野 桂子
    久貝 ひかり
    小林 亜希子
    高木 美恵子
    田中 美奈
    中西 朋子
    橋本 安弘
    宮田 英恵
    横山 恵理
  • ヴィオラ
    井野邉 大輔
    岩井 英樹
    上野 博孝
    川元 靖子
    木下 雄介
    佐藤 まり子
    周 平
    松本 浩子
    米田 舞
  • チェロ
    石田 聖子
    織田 啓嗣
    近藤 浩志
    庄司 拓
    田中 賢治
    花崎 薫
    林口 眞也
    松隈 千代恵
    諸岡 拓見
  • コントラバス
    秋田 容子
    新 眞二
    池内 修二
    サイモン・ポレジャエフ
    松村 洋介
    三好 哲郎
    山田 俊介
  • フルート
    井上 登紀
    田中 玲奈
    野津 臣貴博
  • オーボエ
    浅川 和宏
    大島 弥州夫
    大森 悠
  • クラリネット
    金井 信之
    田本 摂理
    船隈 慶
    ブルックス・トーン
  • ファゴット
    久住 雅人
    熊谷 将弘
    小林 佑太朗
    日比野 希美
  • ホルン
    蒲生 絢子
    高橋 将純
    藤原 雄一
    山本 秀樹
  • トランペット
    秋月 孝之
    篠﨑 孝
    松原 健二
  • トロンボーン
    ロイド・タカモト
    吉田 勝博
  • テューバ
    川浪 浩一
  • 打楽器
    井口 雅子
    久保田 善則
    中村 拓美
    堀内 吉昌
  • ハープ
    平野 花子

  • インスペクター
    近藤 浩志
  • サブ・インスペクター
    藤木 愛
  • ライブラリアン
    家 恵子
  • パーソネルマネージャー
    服部 喜久男
  • ステージマネージャー
    清水 直行
  • ステージスタッフ
    工藤 響介

  • 理事長
    奥 正之
  • 専務理事
    平澤 正英
  • 常務理事
    鈴木 俊茂
  • 楽団事務局
    事務局長
    鈴木 俊茂
    事務局次長
    福山 修
     (演奏事業部長 兼務)
    演奏事業部
    吉田 芳
     (課長)
    久保 明子
     (チケットセンター主任)
    石見 万里子
    野瀬 遼太郎

  • パトロネージュ推進室
    大西 宏尚(アドバイザー)
    橋本 倫行(  〃   )
    伊藤  勝(アンバサダー)

  • 総務局
    浅沼 吉正 (局長)
    松本 浩英 (主任)
    奥野 節子
    本庄 嶺男

  • 会館
    栄 英之 (館長)