大阪フィルハーモニー交響楽団 - Osaka Philharmonic Orchestra
Contents - メニュー一覧

Profile - プロフィール

トップページ

プロフィール

大阪フィルニュース

公演スケジュール

定期演奏会

ベートーヴェンチクルス

会員制度

チケットのご購入

各種サービス・割引チケット

グッズ

楽団員募集

大阪フィルハーモニー会館

合唱団

音楽監督
尾高 忠明

尾高 忠明1947年生まれ。ロンドン交響楽団、ロンドン・フィル、BBC交響楽団、バーミンガム市交響楽団ほか国内主要オーケストラへの定期的な客演に加え、最近ではベルリン放送交響楽団、hr交響楽団、ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団等へ客演している。2016年10月にはフィルハーモニー・ド・パリでのイル=ド=フランス国立管弦楽団シーズンオープニングの定期公演に登場、熱狂的に迎えられた。

2017年はBBCウェールズ・ナショナル交響楽団首席指揮者就任(現桂冠指揮者)から30年に当たり、12月にオール・エルガーによる記念コンサートが開催された。2018年4月からは1年間のミュージック・アドヴァイザーを経て、大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督に就任した。

これまで1991年度第23回サントリー音楽賞受賞。1993年ウェールズ音楽演劇大学より名誉会員の称号、ウェールズ大学より名誉博士号を、1997年英国エリザベス女王より大英勲章CBEを授与された。さらに1999年には英国エルガー協会より、日本人初のエルガー・メダルを授与されている。2012年有馬賞(NHK交響楽団)、2014年北海道文化賞受賞。

現在大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督、NHK交響楽団正指揮者、BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団桂冠指揮者、札幌交響楽団名誉音楽監督、東京フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者、読売日本交響楽団名誉客演指揮者、紀尾井ホール室内管弦楽団桂冠名誉指揮者。また東京藝術大学名誉教授、相愛大学、京都市立芸術大学音楽学部客員教授、国立音楽大学招聘教授を務めている。

  • 大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督(2018年4月~)
  • NHK交響楽団正指揮者(2010年1月~)
  • BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団(旧BBCウェールズ交響楽団)桂冠指揮者(1996年1月~)
  • 札幌交響楽団名誉音楽監督(2015年4月~)
  • 東京フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者(1991年4月~)
  • 読売日本交響楽団名誉客演指揮者(1998年4月~)
  • 紀尾井ホール室内管弦楽団(旧紀尾井シンフォニエッタ東京)桂冠名誉指揮者(2003年9月~)

(2018年4月現在)

Music Director: Tadaaki OTAKA

Tadaaki Otaka was born in 1947 in Kamakura, Japan. He studied at Toho Gakuen School of Music under the famous professor Hideo Saito, who taught such distinguished conductors as Seiji Ozawa and Hiroshi Wakasugi, before continuing his studies in Vienna with Professor Hans Swarowsky and Professor Spannagel.

One of Japan’s leading conductors, Mr Otaka made his professional broadcasting debut in 1971 with the NHK Symphony Orchestra and for 20 years served as Permanent Conductor of the Tokyo Philharmonic Orchestra, with which he toured extensively in Asia and Europe, being made the orchestra’s Conductor Laureate in 1991. In September 2012, he toured with the NHK Symphony Orchestra to China (Beijing, Shanghai and Tianjin) to commemorate 40 years of the normalization of diplomatic ties between Japan and China.

In addition, he was Chief Conductor (1981 to 1986), Music Advisor and Principal Conductor (1998 to 2004) and Music Director (2005 to 2015) of the Sapporo Symphony Orchestra, and became their Honorary Music Director in April 2015. He led their UK tour in 2001 and Korea tour in 2005 successfully. Following his tenure with the Tokyo Philharmonic, Mr Otaka was made Permanent Conductor of the Yomiuri Nippon Symphony Orchestra from l992 to 1998 (currently Honorary Guest Conductor) and his symphonic and operatic recordings with the orchestra brought much critical acclaim, as did their European tour. He also served as Principal Guest Conductor for the Melbourne Symphony Orchestra (2010 to 2012) and as Artistic Director of the Opera Division for the New National Theatre, Tokyo (2010 to 2014). He acted as Music Adviser of the Osaka Philharmonic Orchestra from April 2017 to March 2018 and started his tenure as Music Director of the orchestra in April 2018.

Now a popular and familiar figure on podiums throughout the world, he is particularly known in the UK, where he is invited as Guest Conductor to the London Symphony, London Philharmonic, BBC Symphony, City of Birmingham Symphony, Royal Liverpool Philharmonic, Royal Scottish National, Hallé, Bournemouth Symphony, Ulster Orchestra and English Chamber Orchestra. In 1987, Mr Otaka became Principal Conductor of the BBC National Orchestra of Wales (formerly the BBC Welsh Symphony Orchestra) and made his Prom debut with them the following year. To quote London’s Sunday Times: “In his eight years with the orchestra Otaka had worked wonders in Wales.” His many appearances in UK and overseas include BBC NOW tours to European countries, Russia, and the Orchestra's first-ever Japanese and North American visits. Outside the UK, he has received invitations to the Berlin Radio Symphony Orchestra, Frankfurt Radio Symphony (hr-Sinfonieorchester), Brussels Philharmonic, Rotterdam Philharmonic, Bamberg Philharmonic, Strasbourg Philharmonic, Warsaw Philharmonic, Bergen Philharmonic, Oslo Philharmonic, Netherlands Philharmonic, Hong Kong Philharmonic and others. He was recently invited to conduct the Île-de-France National Orchestra for their season opening subscription concert at the brand new hall Philharmonie de Paris in October 2016. In 2017, Mr Otaka and the BBC National Orchestra of Wales held a special concert to celebrate 30 years of collaboration.

Mr Otaka is the first ever Music Adviser and Principal Conductor of the Kioi Hall Chamber Orchestra Tokyo, one of Japan’s finest ensembles, and after leading them on their first overseas tour of Europe in 2000, became their Honorary Conductor Laureate in September 2003.

In the field of opera production, he has received high acclaim for his direction of Britten’s Peter Grimes with Sapporo Symphony Orchestra in September 2008. Other productions of his include Beethoven’s Fidelio, J.Strauss II’s Die Fledermaus, Puccini’s La Tosca, Wagner’s Tannhaeuser with Tokyo Nikikai Opera Foundation; Bizet’s Carmen, Weber’s Der Freischuetz with Kansai Nikikai Opera Foundation; R.Strauss’s Salome with Wales National Opera; and Britten’s Peter Grimes with Yomiuri Nippon Symphony Orchestra.

Mr Otaka’s wide-ranging activities include premieres of works by such distinguished composers as Teizo Matsumura, Toru Takemitsu and Akira Miyoshi, many much-praised recordings with BBC NOW by Nimbus, BIS, Chandos and Camerata Tokyo, and his dedication to nurturing future talent led to involvement with the National Youth Orchestra of Britain and the Britten-Pears Orchestra of which he was Director for three years.

In 1991, Mr Otaka received the prestigious Suntory Music Award, given each year to the most impressive Japanese ensemble or individual musician. In 1993, the Welsh College of Music and Drama conferred an Honorary Fellowship on Mr Otaka, and he also holds an Honorary Doctorate from the University of Wales. In 1997, he was awarded the CBE, in recognition of his outstanding contribution over many years to British musical life. He is also the first Japanese ever to receive the Elgar Medal in 1999, for his continuous efforts at spreading the works by Elgar outside the UK.

Currently Mr Otaka is honorary professor of the Tokyo University of the Arts, visiting professor of the Soai University and the Kyoto City University of Arts and guest professor of the Kunitachi College of Music.

  • Music Director --- Osaka Philharmonic Orchestra
  • Permanent Conductor --- NHK Symphony Orchestra
  • Conductor Laureate --- BBC National Orchestra of Wales
  • Honorary Music Director --- Sapporo Symphony Orchestra
  • Conductor Laureate --- Tokyo Philharmonic Orchestra
  • Honorary Guest Conductor --- Yomiuri Nippon Symphony Orchestra
  • Honorary Conductor Laureate --- Kioi Hall Chamber Orchestra

Updated April 2018

指揮者 角田 鋼亮

角田 鋼亮東京芸術大学大学院指揮科修士課程並びにベルリン音楽大学国家演奏家資格課程修了。2002年、安宅賞受賞。2006年、第3回ドイツ全音楽大学・指揮コンクールで最高位を獲得。2008年、第4回カラヤン生誕100周年記念の同コンクールでも2位入賞を果たした。2010年、第3回マーラー指揮コンクールでは最終の6人に残った。2008年、ドラマ『新春スペシャル・のだめカンタービレ』においては千秋真一役の指揮指導を務めた。2016年、第11回名古屋ペンクラブ音楽賞を受賞。

これまでに、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、ブランデンブルグ交響楽団、上海歌劇院管弦楽団、札響、群響、仙台フィル、東京都響、東響、東京フィル、日本フィル、新日本フィル、神奈川フィル、名古屋フィル、セントラル愛知響、アンサンブル金沢、京都市響、大阪フィル、日本センチュリー響、大響、九響等と共演している。
現在、大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者、セントラル愛知交響楽団指揮者、仙台フィルハーモニー管弦楽団指揮者のポジションを務めている。2019年4月にはセントラル愛知交響楽団常任指揮者の就任が決まっており、いま日本で最も期待される若手指揮者の一人として活躍の場を拡げている。

公式ホームページ:http://kosuketsunoda.com


桂冠指揮者 大植 英次

大植 英次2003年音楽監督に就任。2012年より桂冠指揮者となり、大阪フィルハーモニー交響楽団との新たな関係がスタートした。

広島生まれ。桐朋学園で齋藤秀雄に指揮法を師事。1978年アメリカに渡り、小澤征爾の招きでタングルウッド・ミュージック・センターに学び、同年ニューイングランド音楽院指揮科に入学。タングルウッドでレナード・バーンスタインに出会い、以後世界各地の公演に同行、助手を務めた。

バッファロー・フィル準指揮者を経て、1990年から1995年までエリー・フィルの音楽監督、1995年から2002年まで名門ミネソタ管の第9代音楽監督を務めた。1998年からはハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニーの首席指揮者を務め、2000年よりハノーファー音楽大学の終身正教授も務めている。2006年9月バルセロナ交響楽団の音楽監督に就任。2009年9月よりハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニーの名誉指揮者となる。

2005年、新演出の「トリスタンとイゾルデ」で日本人指揮者として初めてバイロイト音楽祭で指揮し、世界中の注目を集めた。2006年から毎年大阪城西の丸庭園で実施している「星空コンサート」(〜12年)では大成功を収め、毎年9月には1週間にわたり大阪御堂筋周辺の店舗やショールームなど十数か所で開催する「大阪クラシック」をプロデュース、いずれも大阪の風物詩となり、多くの聴衆を魅了している。2006年度大阪芸術賞特別賞、斎藤秀雄メモリアル基金賞受賞。2007年11月、第42回大阪市市民表彰を受彰。2009年6月、ニーダーザクセン州功労勲章・一等功労十字章を受章。


Conductor Laureate: Eiji OUE

Since 2003 OUE has taken up the position as a music director in Osaka Philharmonic Orchestra as a successor of ASAHINA Takashi.

Born in Hiroshima, OUE studied conducting under SAITO Hideo at Toho Gakuen School of Music. He moved to the United States in 1978 as OZAWA Seiji invited him to study at Tanglewood Institute. In the same year, he entered into New England Conservatory majoring in conducting. He met Leonard BERNSTEIN in Tanglewood, and since then followed him all over the world for his concert as an assistant.

After conducting at Buffalo Philharmonic Orchestra, OUE was appointed as a music director in Erie Philharmonic Orchestra from 1990 to 1995. From 1995 to 2002, he became the 9th music director at Minnesota Orchestra. He is also the chief conductor in NDR Radio Philharmonic Orchestra of Hanover since 1998, and since 2000 he has been a professor at University of Hanover. In September 2006 he became the chief conductor and also an artistic advisor at Barcelona Symphony Orchestra. From September 2009 he is appointed as an honorary conductor at NDR Radio Philharmonic Orchestra of Hanover.

In 2005, OUE has become the first Japanese to conduct at Bayreuth Festival, for the new production ‘Tristan und Isolde’. The outdoor concert at Osaka Castle, ‘Hoshizora Concert’ has been successful since 2006, as well as his own produced ‘Osaka Classic’, which consists of many concerts at various venues including shops and show rooms along the mido-suji line in Osaka, over 7 days. Both events have been the annual events of Osaka city, attracting many people. OUE received the 2006 Osaka Performing Arts Special Award, and also the award for SAITO Hideo Memorial Fund. In November 2007, he received the 42nd Osaka Citizen Award. In June 2009, he received "das Verdienstkreuz 1. Klasse des Niedersachsischen Verdienstordens".



大阪フィルハーモニー交響楽団

大阪フィルハーモニー交響楽団

1947年朝比奈隆を中心に「関西交響楽団」という名称で創立、1960年、改称。創立から2001年までの55年間朝比奈隆が音楽総監督・常任指揮者を務め、大阪フィルは個性と魅力溢れるオーケストラとして親しまれてきた。大植英次音楽監督時代には、「星空コンサート」「大阪クラシック」といった大型プロジェクトで注目を集めた。2014~2016シーズンは井上道義を首席指揮者に迎え、「ショスタコーヴィチ/交響曲第4番」、「交響曲第7番」「交響曲第11番」の録音を相次いでリリース、高い評価を得た。2018年4月、尾高忠明が音楽監督に就任。現在、フェスティバルホール(大阪・中之島)を中心に全国各地で演奏活動を展開。平成29年度文化庁芸術祭・優秀賞、2017年度関西音楽クリティック・クラブ賞本賞、大阪文化賞、大阪文化祭賞受賞。





大阪フィルハーモニー
交響楽団

メンバーリスト

  • 音楽監督
    尾高 忠明
  • 指揮者
    角田 鋼亮
  • 桂冠指揮者
    大植 英次
  • 創立名誉指揮者
    朝比奈 隆
  • 首席コンサートマスター
    田野倉 雅秋
  • 首席客演コンサートマスター
    崔 文洙
  • コンサートマスター
    須山 暢大
  • 第一ヴァイオリン
    石塚 海斗
    黒瀬 奈々子
    三瀬 麻起子
    鈴木 玲子
    林 佳南子
    藤木 愛
    山本 彰
    力武 千幸
  • 第ニヴァイオリン
    浅井 ゆきこ
    市野 桂子
    久貝 ひかり
    小林 亜希子
    高木 美恵子
    田中 美奈
    中西 朋子
    宮田 英恵
    横山 恵理
  • ヴィオラ
    井野邉 大輔
    岩井 英樹
    上野 博孝
    川元 靖子
    木下 雄介
    佐藤 まり子
    周 平
    松本 浩子
    米田 舞
  • チェロ
    石田 聖子
    近藤 浩志
    庄司 拓
    田中 賢治
    花崎 薫
    林口 眞也
    松隈 千代恵
    諸岡 拓見
  • コントラバス
    秋田 容子
    新 眞二
    池内 修二
    サイモン・ポレジャエフ
    松村 洋介
    三好 哲郎
    山田 俊介
  • フルート
    井上 登紀
    田中 玲奈
    野津 臣貴博
  • オーボエ
    浅川 和宏
    大島 弥州夫
    大森 悠
    水村 一陽
  • クラリネット
    金井 信之
    田本 摂理
    船隈 慶
  • ファゴット
    久住 雅人
    熊谷 将弘
    小林 佑太朗
    日比野 希美
  • ホルン
    蒲生 絢子
    高橋 将純
    藤原 雄一
    和久田 侑希
  • トランペット
    秋月 孝之
    篠﨑 孝
    高見 信行
    松原 健二
  • トロンボーン
    ロイド・タカモト
    福田 えりみ
    吉田 勝博
  • テューバ
    川浪 浩一
  • 打楽器
    井口 雅子
    久保田 善則
    中村 拓美
    堀内 吉昌
  • ハープ
    平野 花子

  • インスペクター
    近藤 浩志
  • サブ・インスペクター
    藤木 愛
  • ライブラリアン
    家 恵子
  • パーソネルマネージャー
    服部 喜久男
  • ステージマネージャー
    清水 直行
  • ステージスタッフ
    工藤 響介

  • 理事長
    奥 正之
  • 専務理事
    平澤 正英
  • 常務理事
    浅沼 吉正
  • 楽団事務局
    事務局次長
    福山 修
     (演奏事業部長 兼務)
    演奏事業部
    吉田 芳
     (課長)
    久保 明子
     (チケットセンター主任)
    野瀬 遼太郎
    石見 万里子
    森 友理枝

  • パトロネージュ推進室
    大西 宏尚(アドバイザー)
    橋本 倫行(  〃   )
    伊藤  勝(アンバサダー)

  • 総務局
    浅沼 吉正 (局長)
    松本 浩英 (主任)
    本庄 嶺男
    木村 文

  • 会館
    栄 英之 (館長)
    近藤 義彦