大阪フィルハーモニー交響楽団 - Osaka Philharmonic Orchestra
Contents - メニュー一覧

トップページ

プロフィール

大阪フィルニュース

公演スケジュール

定期演奏会

会員制度

チケットのご購入

各種サービス・割引チケット

グッズ

楽団員募集

大阪フィルハーモニー会館

合唱団






第529回定期演奏会

2019年6月21日(金) 22日(土)
[21日]19:00開演(18:00開場)
[22日]15:00開演(14:00開場)
フェスティバルホール

<出演>
指揮:ヨエル・レヴィ

<曲目>
モーツァルト/交響曲 第38番 ニ長調「プラハ」 K.504
ヤナーチェク/狂詩曲「タラス・ブーリバ」
ヤナーチェク/シンフォニエッタ

 <モーツァルト、ヤナーチェク、レヴィ  それぞれのチェコへの愛>
 村上春樹の小説『1Q84』に登場して一躍脚光を浴びたのがヤナーチェクの《シンフォニエッタ》です。これまでも決して知られていない作品ではなかったのですが、金管楽器のバンダ(別働隊)が必要で、オーケストラ本体も加えるとトランペット奏者が計12人という編成のこともあって、そう頻繁には演奏されてきませんでした。大阪フィルの定期演奏会では2004年3月にイルジ・ビエロフラーヴェクの指揮で取り上げられましたので、お聴きになられた方もいらっしゃることでしょう。

ヤナーチェクはドヴォルザークの一世代下に当たるチェコの作曲家です。その音楽は土の香りがする民族色豊かなものでありながら、泥臭さが表立って響かず、うねりを持って朴訥と語り続ける独自の語法を持っています。出身地であるモラヴィア(現在のチェコ東部)の民俗音楽が持っている、リズムの反復が無く、なだらかに楽想が移り変わるという特徴が強く影響しているとも言われています。こちらも代表作の《狂詩曲「タラス・ブーリバ」》と合せてお楽しみください。ウクライナを舞台にした同名のロシアの小説が題材となっています。

冒頭に演奏されるのは「プラハ」として知られるモーツァルトの《交響曲第38番》。もちろん、チェコとのつながりから選ばれました。指揮をするのは、2012年、2016年に続いての登場となる名匠ヨエル・レヴィです。(小味渕彦之・音楽評論家)



詳しくはこちら



第529回定期演奏会
第530回定期演奏会

2019年7月18日(木) 19日(金)
19:00開演(18:00開場)
フェスティバルホール

<出演>
指揮:ダン・エッティンガー
ピアノ:清水和音

<曲目>
リャードフ/ポロネーズ 作品49
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第1番 嬰ヘ短調 作品1
チャイコフスキー/交響曲 第4番 ヘ短調 作品36

詳しくはこちら



第530回定期演奏会
神戸特別演奏会

2019年7月26日(金)
19:00開演
神戸国際会館こくさいホール

<出演>
指揮:大友直人
トロンボーン:中川英二郎

<曲目>
スメタナ/交響詩「モルダウ」
N.シルクレット/トロンボーン協奏曲
ドヴォルザーク/交響曲第8番 ト長調 作品88

詳しくはこちら



神戸特別演奏会

[ 公演スケジュール 今月の一覧 ]